キヤノン・エプソン・ブラザー・hpなどのプリンターインク・互換インク の激安販売ならインク王国にお任せ!!

互換インクに関するよくあるご質問
会員様ログイン
会員様ログイン
パスワードを忘れた方
新規会員登録
新規会員登録
登録頂くと100ポイントプレゼント

主要メーカー
互換インクカートリッジ

3000円以上お買い上げで送料無料
領収書をご希望の方へ
FAXでのご注文
お支払い方法
facebook
Canon人気ランキング
BCI-351/350XL 5色セット 互換プリンターインク キャノン
価格1,980円(税込)
BCI-326/325 5色セット 互換プリンターインク キャノン
価格1,830円(税込)
BCI-321/320 5色セット 互換プリンターインク キャノン
価格1,830円(税込)
EPSON人気ランキング
IC70L 6色セット 互換プリンターインク IC6CL70L エプソン
価格1,850円(税込)
IC80L 6色セット 互換プリンターインク IC6CL80L エプソン
価格1,850円(税込)
大口袋 IC50 6色セット×2 互換プリンターインク IC6CL50 エプソン
価格2,930円(税込)
brother人気ランキング
LC111 4色セット 互換プリンターインク ブラザー
価格2,180円(税込)
LC12 4色セット +黒  互換プリンターインク ブラザー
価格1,390円(税込)
LC11/16 4色セット +黒  互換プリンターインク ブラザー
価格1,390円(税込)
EPSON人気ランキング
HP178 4色セット 互換インクカートリッジ  ヒューレットパッカード
価格3,200円(税込)
HP177 6色セット 互換プリンターインク   ヒューレットパッカード
価格2,720円(税込)
HP10/11 4色セット 互換プリンターインク  ヒューレットパッカード
価格3,090円(税込)
3000円以上で送料無料

デジカメ 情報

dpi【dots per inch】
dots per inch(1インチあたりのドットの数)の略でdpi(ディーピーアイ)だそうです。
1inch(インチ)は1フィートの12分の1、2.54cm
で、この1インチの間にどれだけ点(ドット/dot=画素)が入っている(並んでいる)かを表す単位、この数字が大きいほど解像度が高い。
例えば、100dpiで1インチ×1インチの画像は、100×100で、合計10000画素の画像になります。
ppi(ピーピーアイ)と言う場合もあるそうです。

JPEG【Joint Photographics Experts Group】
直訳すると「共同の写真専門家の団体」でいいのかなあ、
Joint Photographics Experts Groupの頭文字を取ってJPEG(ジェイペグ)、
写真データ保存に最適な非可逆圧縮ファイル形式です。
非可逆圧縮というのは圧縮したデータを解凍(展開)しても、
元のオリジナル状態に戻せない圧縮方法です。

【dot=pixel】
なぜ画素をピクセルと言うんだろ?
画像は、ドット(点)の集合で出来ています、そのドット(dot)を画素っていいます。
解像度が800×600ドット表示だと、横方向に800個、縦方向に600個の画素が並んで画面を構成してることになります。
48万画素のデジカメというわけです。
画像の素(もと)になる要素 = picture element(画の要素)
pictureとelementをくっつけてpixel(ピクセル)というようになったみたいです、ふぅ〜ん。

8bit=1byte】
0と1の最小単位が1bit(ビット)
ちなみに(パソコンで)16ビット、32ビットなどといってるのは、どれだけ多くのメモリーやデータを
処理できるかを示すバロメータだと考えるとわかりやすいかも、
ビット数がどれだけの数を表現できるかは
2進数の2をビット数乗すればいいわけです。
1ビット=2の1乗=2
2ビット=2の2乗=4
8ビット=2の8乗=256
16ビット=2の16乗=65536
32ビット=2の32乗=4294967296
1bit(ビット)が8つ集まったものが1byte(バイト)という単位って
最初IBMが使ったんだそうです。

【記録画素数】
デジカメはCCDの画素数(ピクセル数)で解像度が変わってきます。
コンパクトフラッシュ・マイクロドライブなどの記録媒体に記録する画素数は
横ピクセル×縦ピクセル、つまりドット(点)の数です。
画素数が多ければ多いほど、撮影画面のピクセル数が多くなるから大きな画面に、
逆に、画素数が少なければ少ないほど小さい画面になるわけです。
画像のサイズは横長で、その横×縦の比率で呼び方が決まってるものがあります。

  【画像サイズとプリントサイズ】

300万画素のデジカメは、SUXGA(2048×1536ピクセル)の画像サイズで記録というふうに
ピクセルという単位を使います。
一方、プリンタは、印刷精度を表現するのにディーピーアイ(dpi)という単位を使います。
で、解像度が1400dpiの(普通のエプソンカラリオなどの)インクジェットプリンタの場合、
1ピクセルにCMYKの4色インクを使ってプリントするので、実際は、1440を4で割った360dpiになります。
この数値で、300万画素のデジタル写真(画像データ)をプリントアウトすると、
横が2048ピクセルだから約5.7インチ、約14.5cm
縦が1536ピクセルだから約4.3インチ、約11cmだから
ハガキサイズぐらいが、このプリンタがプリントアウトできる(最大の)大きさということになります。 

【解像度】
解像度は、画像データやモニタ、プリンタ、スキャナなどで画素(ピクセル)のキメ細かさ(密度)を表す指数です。、

デジタルカメラやモニタなどの解像度と、(印刷用)画像データの解像度は(ニュアンスが)違うんです。
デジタルカメラやモニタの解像度は、(1インチあたりのピクセル=画素の密度じゃなくて)
2000×2000ピクセルが400万画素、4000×2000が800万画素というふうに
(そのデジカメなどの)絶対的なピクセル数のことなんです。
というわけで、400万画素より800万画素のデジカメのほうが高解像度のデジカメというわけです。
その一方で(印刷用)画像データで解像度と言う場合は、
dpi(ディーピーアイ)の単位で1インチあたりのピクセル(画素)の密度のことです。
単純に「解像度300dpiのデータだよ」って言われても、実際の画像サイズはわかんないわけで、
「解像度300dpiで10×5cmの画像データ」というと、なるほどなるほどとなるわけです。
というわけで、200dpiで10×10cmと100dpiで20×20cmのデータは同じサイズ(容量)というわけです。

  【ISO感度】

フィルムカメラでは高感度フィルムになると粒子が粗くなるけど、
デジカメの場合は、ちょっと意味が変わってきます。
ISO感度を高くすると、画質が悪くなったように見えるんだけど、
フィルムのように粒状が粗くなるんじゃなくて、
(色の境界線に出来るにじみなどの)ノイズが発生して画質が劣化するわけです。
ご利用ガイド
お支払い方法について
商品のお届けについて
商品のお届けについて
トップページキャノンから探すエプソンから探すブラザーから探すhpから探すカートの中を見る
新規会員登録会員様ログインメールでお問合せご購入についてよくあるご質問お客様の声会社概要
プライバシーポリシー特定商取引法
.